2017年11月 9日

落ち葉とベンチ

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「落ち葉とベンチ」。

渡辺えりの句は、相変わらずの詰めごみすぎ。「暖簾の下に」が中村屋の暖簾だなんて、誰にもわからんぞ。下手すりゃ、「赤ちょうちんで飲みすぎて暖簾の下に倒れて凍死するんかい」ってことになりそうcoldsweats01

そんな渡辺えりの句の添削後の

 女木よ!! ひとりで死ぬか

に対する返歌を考えてみました。

 男木は待たぬ わかれたのは太古

「わかれた」には「分かれた」と「別れた」をかけて、あえてひらがなにしてみました。

続きを読む "落ち葉とベンチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日

運動会

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「運動会」。

東国原の俳句、「テントの中にある車椅子が、児童が乗っているものなのか、けが人対応のために置いてあるものかは問わない」みたいなこと言っていたのが、車いすユーザーとしてはムカつくというかcoldsweats01 元知事の政治家がそんな了見じゃなーって感じもする。

 運動会 大きな声の 車椅子
 La rencontre d'athlétisme -- Les voix les plus forts du fauteuil roulant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日

オマージュ

プレバト!!』の俳句査定、今週は特待生と名人だけの金秋戦で、お題は「紅葉」。

実力者揃いだけあって、興味深い句ばかり。特に自由律の句には驚愕したなー。でもって、NHKの俳句番組を勇退したミッツ・マングローブには、以前のように艶めかしい句を作りつづけていただきたくcoldsweats01

それはともかく、紅葉一枚だけのお題を見た時思ったのは、日野原重明先生のこと。日野原先生は「葉っぱのフレディ」のミュージカルとかもやってたなー、と。

 明(めい)重ね 日照る野原に 一葉(ひとは)散る

フラ語にはできませんがcoldsweats01、この世では結局お会いできなかったので(講演会とかにも行けず)、この句をもって、あの世で面会を申しこんでみたい。日野原先生にお会いできるなら、永遠という恐ろしい闇の時間にも光が射すような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日

月と鎌倉大仏

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「月と大仏」。

特待生&名人が3人も出て揃って昇格していたけど、今後の展開の予兆なのかな。

俳句甲子園の優勝校・開成とプレバトの代表の対戦もやってたけど、俳句をやってる高校生がこぞって「小さな夏井いつき」化するのはいかがなものかcoldsweats01 もっと優しく俳句を詠む高校生も育ってほしい(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日

読書の秋

プレバト!!』の俳句査定、昨日のお題は「読書の秋」。

才能ナシ最下位、このところご無沙汰だった「花より団子」的な句でしたね。いい大人が「腹の虫が鳴く」ことを「可愛らしい」と思っていること自体、勘違いだと思ふcatface

名人何段になったら師範になるんだろ。梅沢他名人上位たちに俳句に関するコメント力、添削力があるとは思えないんだけど。

 異国語の詩集一冊野分来る

 Un typhon approche -- Un recueil de poèmes étrangers m'ccompagne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日

京都と朝顔

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「京都と朝顔」。

なんで「京都」と「朝顔」をくっつけなきゃいけないのかよくわかりませんが、どっちか片方では芸能人は俳句が作りにくいのかもsign02

奇しくも才能アリ1位と才能ナシ最下位の両方が、「朝顔」と「」の季重なりでしたが、その差は何となくわかった……かなcoldsweats01

 朝顔や 娘わからぬ母の老い

 Les volubilis -- La vieillesse fait oublier sa fille à la mère.

私の母のことではありません、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日

お盆の帰省

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「お盆の帰省ラッシュ」。

松尾諭の句は、大合唱する蝉=蝉時雨の口を閉ざさせる「鉄の声」といえば、原爆sign02と思って反戦反核の句かと思ったら、違ったようでcoldsweats01

ココリコ田中の「ブレーキランプは赤蜻蛉」というのは、私ならお盆にひっかけて

 闇に赤 テールランプは迎え火か

 La queue rouge --  Les lampes arrières de la voiture semblent les feux pour les ancêtres

とか、やるな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日

原爆忌

広島の平和祈念式典。毎年のことながら、子どもたちの「平和の誓い」が素晴らしい。

 原爆忌 子らに残すは平和のみ

 Cérémonie de la paix à Hiroshima -- Seulement la paix est donnée aux enfants

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日

プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「真夏の海水浴場」。「日本一海から遠い市」に住んでいる私としては、海で泳いだ記憶など、小学校の修学旅行以外なくcoldsweats01

 動かない足懸命に夏の海

 Dans la mer d'été, nage dur avec les jambes qui ne savent pas marcher

キスマイの千賀が1ランク昇格して名人にあと一歩となったけど、凡人が「母」とか何とかありきたりな言葉をよく使って「キング・オブ・ど凡人」と言われるように、「驟雨」というような言葉は、ちょっと俳句をかじった俳句愛好家がよく使いたがるような言葉だと思う。名人になりたかったら、フジモンが「歯磨き粉色」という言葉を出してきたように、「本当に今まで誰も使ったことのない言葉」を使えるようにならないといけないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日

夏祭り

『プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「夏祭り」。母が潔癖症で「屋台で作っているものは汚い」という先入観から、夏祭りで何か買って食べることもなく、そもそもあまり行ったことがなかったりしますcoldsweats01

 毒か薬か 小児病棟へ祭り笛

 Poison ou médicament ? La flûte de fête pour la pédiatrie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧