2018年4月10日

Cher M Vahid Halilhodžić

Cher M Vahid Halilhodžić,

Enchantée.  J’ai traduit une de vos biographies français en japonais il y a trois ans.  Je suis donc une des japonais qui ont connu le détail de votre carrière, je crois.

Je suis très surprise de l’annonce de votre licenciement.  Vous avez réussi à amener l’ équipe japonais à la qualification pour la Coupe du monde bien que toutes les équipes jusqu’alors qui ont perdu le premier match des éliminatoires n’aient jamais été qualifiées.  Vous avez utilisé les jeunes joueurs moins connus qui ont montré une meilleure performance que ceux expérimenté.  J’avais hâte de voir comment VOS « Samouraïs » monteraient leur talent sur la plus grande scène mondale.

Mais la fédération japonais de football vous a remercié à cause des résultats décevants des matchs amicaux.  Quel idiot !  Les matchs amicaux ne sont que pour la préparation des matchs importants.  « La communication et la confiance avec les joueurs s’est trouvée ébranlée », a affirmé le présient de la JFA, mais si la communication ne marche pas bien, les joueurs doivent aussi faire des efforts pour l’améliorer.

En ce moment, seuls deux mois restent devant la Coupe du monde.  Sauf vous, y a-t-il quelqu’un qui peut apporter la victoire au Japon ?  L’entraîneur qui vous remplace, Akira Nishino, n’a pas d’expérience du Mondial.  Les japonais doivent se rappeler du fait que les Algériens sous votre direction ont presque gagné les Allemands en 2014.

Cher M Vahid Halilhodžić, j’étais heureuse que j’aie pu traduire votre histoire en japonais.  Je sais votre talent, votre puissance, votre affection, votre ambition, votre réussite ou défaite.  J’étais heureuse que j’aie pu vous voir diriger les Samouraïs et remporter beaucoup de victoires.  Seulement, je suis désolée que nous, les japonais, n’aient pas pu tenir le meilleur partie de votre grande capacité.

Merci et au revoir M Halilhodžić.  Peut-être, vous deviendrez un coach d’une certaine équipe nationale et vaincrez le Japon un jour pas si loin.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日

解任!?

ハリルホジッチ監督を解任sign02 W杯までもう2ヶ月しかないのにsign02 やめさせるなら安倍晋三だろハリルホジッチ監督は「持ってる」人だから、後悔するぞ。ハリルホジッチ監督ら1勝1引き分けできるって。手倉森じゃ3敗するぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月27日

負けましたか

【国際親善試合】

 日本 1 - 2 ウクライナ

試合自体はマリ戦よりよかったというのは本当だろうけど、負けちゃったか……。これが35位と55位の差なのかなぁ。日本も30ン位だったことはあるのに。

やっとハリルホジッチ監督フラ語が聞き取れるようになりつつあるので、ここで監督交代だけは勘弁sign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月23日

親善試合

【国際親善試合】

 日本 1 - 1 マリ

負けたらハリルホジッチ監督をクビにして手倉森氏を監督に――なんてニュースもネットで見かけたんで、とりあえずドローでホッとしてます。てか、手倉森氏が監督になってもW杯で勝てんだろ。

auのCMのハリルホジッチ監督、なんかフラ語がすごく聞き取りやすかったcoldsweats01。対戦相手のマリも公用語がフラなんで、選手入場のときに「Allez, allez !」なんて声が聞けて、うれしかったりします。

そうそう、先発の宇賀神、誕生日だったそうで。ハリルホジッチ監督は誕生日の選手を必ず先発させるなcoldsweats01 ウクライナ戦は誰が誕生日なんだろcoldsweats01coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日

本田圭佑が復帰ですか

サッカー日本代表の欧州遠征のメンバーが発表されたそうでhappy01

ハリルホジッチ監督は本田圭佑を復帰させたそうですね。「彼の才能を見せてほしい」と言ったとき、「彼の才能」のところ、sa talent と言ったように聞こえたけど、才能talent男性名詞なので、saではなくsonが正しい気がするcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日

指揮官の決意

ハリルホジッチ監督、覚えた日本語は「難しい」でしたかcoldsweats01

私なんかに言わせると、日本代表の課題って、トルシエのころから変わってないようなcoldsweats01 まぁそれが国民性ってやつなのかもしれないけど。

とにかく、コロンビア戦、勝ちましょうpunch 不可能ではない、Pourquoi pas ?(英語でいうところWhy not?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日

負けましたか

【E-1サッカー選手権】

 日本 1 - 4 韓国

韓国、強かったっすねcoldsweats01 ま、下手に優勝して天狗になるよりは、反省材料があってよかったのではないかと。

続きを読む "負けましたか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月12日

中国にも勝った

【E-1サッカー選手権】

 日本 2 - 1 中国

試合終了直前のPKは余分だったけど、勝ててよかった\(^o^)/

ハリルホジッチ監督も落ち着いていたようで、監督インタビューが聞き取りやすかった気がする。韓国戦も頑張ってsign03

続きを読む "中国にも勝った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日

劇的勝利

【E-1サッカー選手権】

 日本 1 - 0 北朝鮮

試合終了直前の決勝ゴール。井手口、もってますねー。でもって、ハリルホジッチ監督ももってますねーwink

非常にゆっくりした展開(très très lentement)だったけれど、充分に準備ができていたbien préparé)  」とインタビューで答えていらっしゃっいましたhappy01

続きを読む "劇的勝利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日

H組

ハリルJ、ワールドカップではH組だそうで。

「私のイニシャルがHだから、Hになりそうな気がしていた」と、ハリルホジッチ監督が言ったとか。

フラ語ではHを発音しない(英語でホテルフラ語でオテルと言う)から、ハリルホジッチ監督も苦労したのかもcoldsweats01 学生のとき、フラ人の先生に、「箸」を日本語で言わせて、「言えてない!」とイジメたことを思いだすcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧