« 翔太と凌兵 | トップページ | 松岡アナと新海監督 »

2016年8月22日

「真田丸」第33話

いくら家康を亡き者にしたいからって、忍びを使って暗殺しようとしたり、隣の家から梯子を伝って奇襲かけたり、そんなことしてその後他の大名が自分に従うようになると本気で思っているんだろうか。「石田三成ってバカ?」と思ってしまった。

おまけに昌幸が徳川屋敷の絵図面を持っていることに誰もおかしいと思わない。伊達正宗と細川もバカっぽいし、こんな連中に日の本を治めさせてはいけないのでは。

そういえば母が「千姫はどうしたの?」と言ってました。美空ひばりが演じた千姫が印象に残っているとか。でもこのドラマでは男だけでなく、女性陣の活躍も期待できないな。

|

« 翔太と凌兵 | トップページ | 松岡アナと新海監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/64094581

この記事へのトラックバック一覧です: 「真田丸」第33話:

« 翔太と凌兵 | トップページ | 松岡アナと新海監督 »