« 障碍者施設襲撃 | トップページ | 向日葵 »

2016年7月27日

CASとTAS、WADAとAMA

ロシアの選手がリオ五輪に出られるかどうかが問題となっていますが。

スポーツ仲裁所」の映像が映ったとき、TAS/CASとあるのは何だろうと思った方はいらっしゃいませんでしょうか。

TASフラス語Tribunal arbitral du sportCASは英語で Court of Arbitration for Sportの略です。

スイスのローザンヌにあるので、フラス語の方が先に来ているんですかね。

ちなみに世界アンチ・ドーピング機関は英語での略称は WADA (World Anti-Doping Agency)ですがフラス語では AMA(Agence mondiale antidopage)となります。

|

« 障碍者施設襲撃 | トップページ | 向日葵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/63954271

この記事へのトラックバック一覧です: CASとTAS、WADAとAMA:

« 障碍者施設襲撃 | トップページ | 向日葵 »