« 「マスケティアーズ」第12回 | トップページ | BREXIT »

2016年6月23日

梅雨と猫

『プレバト!!』の俳句査定、今週のお題は「梅雨と猫」。

私はあんまり猫が好きじゃない(可愛いと思ったことがない、ってか、目がキツすぎて怖い)んですが、今回の写真の猫は背中がカッコいい。

東国原氏もその辺を踏まえて「背筋伸ばして見る」と詠んでいましたが、私はその背中に思慮深いものを感じたので、

   梅雨寒や
   猫には思案の
   背中あり

最初、「猫にも」として、ヒトならぬ猫も思案することがあるのかなぁ、なんて句にしようかと思ったのですが、うんにゃ、むしろ最近のヒトは猫にも劣る考えの浅はかな輩が多すぎると思い、風刺の意味を込めて「猫には」としました。

   Froid durant la saison des pluies...
   Le chat a un dos de réflexion
   mais, nous, les hommes ...

あと、トマトサラダの盛り付けに感動したんで、こんな句を。

   星雲を
   描く多色の
   トマトかな

   Des tomates multicolores
   représentent
   la galaxie

|

« 「マスケティアーズ」第12回 | トップページ | BREXIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/63822720

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨と猫:

« 「マスケティアーズ」第12回 | トップページ | BREXIT »