« グリコが | トップページ | 「真田丸」第1話 »

2016年1月 9日

コミットする

「結果にコミットする」なんてセリフが某CMで流れていたりするようですが。

「コミット(commit)」って、基本的に「委託する」って意味なんですよね。

commitの意味

「約束する」とか「専心する」とかの意味にするには、commit oneself という言いかたをしなければならなくて、しかもどっちかっつうと「約束してしまった」的なニュアンスのあるような。

エスパルス左伴繁雄社長が、方針発表の最後に

「以上が2016年の船出にあたり、会社として皆様方にコミットさせていただきたい内容であります。」

なんておっしゃったようですが、何か違和感あります。流行りの言葉を使わないで、「ブレない」「一貫した」言葉を使ってくださいませ。

|

« グリコが | トップページ | 「真田丸」第1話 »

コメント

ああ、英語としては違和感があるんですねぇ。coldsweats01

コンピュータ用語/情報処理用語として捉えると「コミット (commit) とは、データベースにおいてトランザクション(transaction)による内容更新を恒久的なものとして確定することを指す。」となりますので、大まかには「(更新を)確定する」の意と解釈しています。coldsweats01
(出典:ウィキペディア)

左伴繁雄社長は、おそらく「確約する」という意味合いで使われたのだと思いますので、コンピュータ用語/情報処理用語としての「コミット (commit)」に近いかなぁ。coldsweats01

投稿: ねまきねこ | 2016年1月11日 20時25分

左伴繁雄社長が使われた「コミット」は、この記事↓での「commitment」の解釈が一番近いかも知れませんね。
>「commitment」の意味は「responsibility to do something」=「何かをやることについての責任(やらなければならないこと)」で、明確に「責任を伴うもの」なのです。
引用元:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2780/Iso14000/iso14000-3.htm

難しいなぁ。coldsweats01

投稿: ねまきねこ | 2016年1月11日 21時02分

私の解釈としては commit はもともと、「誰かに責任を預ける(委託する)」という意味で、それを oneself つまり「自分自身」に対してするから「責任を伴」って何かをする、ということになるんだと思っています。だから、「結果をコミットする」という言いかただと「誰にコミットするんだよ」と聞きたくなる。「結果を自分自身にコミットする」という言いかたをしないと違和感があるんですよね。でもそれだと、「J1に戻る」という結果を、選手とかにコミットするのではなく、社長が自分自身にコミットするってことになって、それもおかしいと言えばおかしいような気がしてしまう。監督・選手・スタッフ・サポーター一丸となってその全体が oneself =自分自身ならいいのか。

う~ん、考えれば考えるほど、こんがらがってきたcoldsweats01

投稿: くるみ | 2016年1月12日 10時09分

うーん、英語での本来の意味、情報処理の分野での意味合い、ビジネスの分野(?)での意味合いなど、様々な分野で様々な意味合いで使われているような感じですねぇ。coldsweats01

投稿: ねまきねこ | 2016年1月12日 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/63038317

この記事へのトラックバック一覧です: コミットする:

« グリコが | トップページ | 「真田丸」第1話 »