« 決勝進出! | トップページ | 長沢駿 »

2015年7月 7日

ダニエル・デルプシュ

今日の「あさイチ」に『大統領の料理人 (原題:Les saveurs du Palais)』の主人公のモデルとなった、ダニエル・デルプシュ Daniele Delpeuche さんが出演してましたね。

お料理ももちろん美味しそうだったけど、ダニエルさんご自身も素敵な方でしたlovely

とてもよくしゃべるマダムで、通訳さんが大変そうではありましたが……coldsweats01

ってか、長野県じゃ『大統領の料理人』なんて見られなかったよ~weep DVDは高いしなぁ……。

でもって、フランス語のまとめっす。

『大統領の料理人』の原題、Les saveurs du Palaisは、直訳すると「官邸の味」。

ミッテラン大統領の奥様の名前もダニエル。デルプシュさんが雇われた理由のひとつだったりしてsign02

デルプシュさんを大統領に推薦したのは、かのジョエル・ロブション(Joël Robuchon)。

スクランブルエッグは「oeufs brouillés」。oeuf が「卵」、brouillé が「かき混ぜた」、という意味です。

イカは seiche。イカの皮は peau 。人間の皮膚も動物の皮もリンゴの皮も同じ。

ミッテラン大統領の故郷にしてデルプシュさんが作ったスープの名前にある「シャラント」は Charente 。海に面してはいないけど魚介のスープがスペシャリテなのね(シャラント川という川があるらしい)。

「ブイヨン」というと肉や野菜からとった出汁。魚fishだけからとった出汁は「フュメ・ド・ポワソン」(fumet de poisson)だそうな。

|

« 決勝進出! | トップページ | 長沢駿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/61849718

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・デルプシュ:

« 決勝進出! | トップページ | 長沢駿 »