« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日

橙麺と橙高

何日か前、長野県のニュースで、長野パルセイロを応援する商店街のラーメン屋さんが

橙麺

なるものを開発したという話題をやっていまして。

なんでも橙色のパプリカで色をつけたんだとか。

でもって先週は「ためしてガッテン!」で、橙色のパプリカはパプリカの中で一番甘いが強いとかなんとかやっていて。

今日は「あさイチ」で、

橙高

なる梅を紹介していました。βカロテンがこれまでの梅の30倍?もあるそうな。しかもジャムにするのが一番効率的にβカロテンをとれるんだとか。

橙麺

橙色のパプリカ

橙高

を送りつけたらエスパルスは強くなれるでしょうかcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月27日

目指せ、第2ステージ優勝!

【J1第17節】

 エスパルス 2 - 3 FC東京

大前石毛がゴールしてくれたのはよかったけど……

問題はやっぱり守備なのかなぁ。

「闘将ハリルホジッチ(仮)」の翻訳をしてて、「闘将」柱谷哲二を思い出してしまったcoldsweats01

でもsign03 2ステージ制の醍醐味は「第1ステージ最下位チームの第2ステージ制覇」ですからsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月26日

チャップリンの息子さん

今日の「徹子の部屋」のゲストは石丸幹二だったんだけど、「チャップリンからの贈りもの」という映画の話をしてて、チャップリンの息子のユージーン・チャップリンがVTRでコメントを寄せていたら、これがなんとフランス

チャップリンはもちろんフランス人ではないし、息子さんもフランス人ではなさそう(お母さんのウーナ・オニールがフランス人じゃないし)なのに、フランス語。しかも「チャーリー・チャップリン」の「チャーリー」を「シャルリ―」とフランス語的に発音してたような……

チャップリンからの贈りもの」、在日フランス大使館とアンスティチュ・フランセ日本(うちら学生の頃は日仏学院と言ってたような)が後援だし、絶対見に行かねばsign03 ……でも、どこでやるの?coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日

ベスト8進出!

【FIFA女子ワールドカップ カナダ2015】

 ラウンド16

日本 2 - 1 オランダ

勝ちましたね~happy01heart04

フランス語のwikiにも「なでしこジャパン」の項目がありますが、「なでしこ」は oeillet というらしい。でも普通 oeillet というと「カーネーション」なんだなや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日

大人は判ってくれない

映画movie大人は判ってくれない」の原題は

« Les Quatre Cents Coups » (直訳すると「400回の殴打、打撃」)。

ウィキペディアによると、

フランス語の慣用句« faire les quatre cents coups »(「無分別、放埓な生活をおくる」といった意味)に由来する。

って書いてあるけれど、手持ちの辞書(3冊)には載っていないような……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日

ハリルホジッチ

Amazonで予約の受付が始まったので、おおっぴらに言っていいと思うんですが……

私、楜澤美香、元オレンジ村住民くるみ(古すぎ?)、

ハリルホジッチ監督の評伝の翻訳をいたしましたsign03

現在、初稿ゲラの推敲中ですhappy01

本書をお買い上げいただける方は、当ブログのバナーからお願いします (m_ _m) 。

翻訳料は印税制ではなく一括買い取りですが、Amazonのアソシエイト(アフィリエイト)はやっているものでcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月20日

ついに最下位

【J1第16節】

 エスパルス 0 - 2 ヴァンフォーレ

ヴァンフォーレにも負けてしまったとなると……cryingcryingcrying

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月17日

チャンスと運

【2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選】

 日本 0 - 0 シンガポール

試合終了後のインタビューで、ハリルホジッチ監督

「チャンスは数多く作れたが、運がなかった」

と語っていましたが、この「チャンス」と「運」、フランス語では同じ chance という単語を使っています(英語読みだとチャンスですが、フランス語では ションス と発音します)。

通訳の樋渡さんは、最初「チャンスが作れた」と言ったのに、「チャンスがなかった」と言っては話が矛盾してしまうと、「チャンス……」と言いかけて「運がなかった」と言い直しました。

さすがは名通訳 (^-^)//""パチパチ

ちなみにフランス語では、「チャンス」の方は複数形、「運」の方は単数形で使うようです。ただしフランス語では複数形を表す語末の s は発音しないので、会話の場合、単語の前につける冠詞で判断することになります。

「チャンス」はいくつもあるが、「運」は1つだけってことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル変えました

長年(20年以上sign02)使ってきたブログのタイトル「Bienvenue ! くるみです」を「サッカーdeフランス語」に変えました。

って、私のブログのタイトルなんか気にしてる人は地球上に皆無だろうなcoldsweats01

ついでに色見もいろいろ変えてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月15日

Je t'aime moi non plus

« Je t'aime moi non plus » っていうのは、要するに、

« Je t'aime. »「私はあなたを愛してます」

と言われたら

« Moi aussi. »「私もです」

と答え、

« Je ne t'aime pas. »「私はあなたを愛していません」

と言われたら

« Moi non plus. »「私もです」

と答えるべきところを、

« Je t'aime. »

と言われたのに

« Moi non plus. »

と答えるという、いかにもフランス人らしいエスプリの効いた(ひねくれた、ともいう (^ ^; )会話なわけであります。

ってか、ブリジット・バルドーで80歳でご健在なのね。50年近く前の不倫の歌が日本の朝ドラのネタになっていると知ったらどう思うだろうか (^ ^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日

リニューアル

来月、私の人生に大事件が起こる予定がありまして、そこに向けてブログを順次、大幅リニューアルする予定です。時々見にくいことがあろうかと思いますが、ご容赦のほど、よろしくお願いしますo(_ _)oペコッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日

あれから1年

【J1第15節】

エスパルス 0 ‐ 1 レッズ

せめて同点に出来れば去年のレベルまで戻ったって言えるのにと思った。

チャンスがあっただけに残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »