« エスパルスのバスと遭遇! | トップページ | 松本も負け »

2008年11月 2日

堅守速攻

今朝の朝日新聞に「堅守速攻もいいけれど」というコラムが載っていた。

それを読んで考えたこと。

堅守速攻」は、以前はサンフレッチェ広島のスタイルだった。サンフレッチェ広島はそれで日本一にもなった。

でも、徐々に「もっと攻撃を」という声がチーム内からも聞こえるようになって。

で、攻撃的なチームに変わろうとしたんだけど、失敗。その後は思うような成績が上げられなくなっていき……現在に至る、とも言えるわけで。

トリニータサンフレッチェ広島の二の舞にならないよう、あくまで「」であることを誇りに、変な色気を出さずに「堅守速攻」を追求していったほうがいいのかも……なんて思ったりなんかしたりして。

その一方、「堅守速攻」って、そもそもエスパルスのスタイルだったのではないかとも思う。

健太が監督に就任したときのエスパルス澤登正朗氏をして「あの頃のエスパルスの守備はボロボロでしたからね」と言わしめるような状態だった。

そんな守備を建て直し、「ファストブレーク」=「速攻」を掲げて、2年連続4位という成績を残した健太監督は、今シーズン、「20得点できるFW」を補強の第一に挙げたように、「もっと攻撃を」という戦略にシフトしたわけである。

ところが思うような成績が上げられず、一時は降格の危機にも陥ってしまった。

最近になって岡崎枝村の攻撃陣が元気になってきたことが、「堅守速攻」からの脱皮、進化だと言えるかどうかは未だ未知数。

そして昨日の決勝、健太監督は「我慢比べだったのに我慢し切れなかった」と言っている。「攻撃」よりも「守備」を重視したのだ。

それは、つまり、トリニータvsエスパルスは「堅守速攻」同士の戦いだった、「堅守速攻」に徹したトリニータvs「堅守速攻」から先へ進もうとしてもがいている途中のエスパルスだったと言えるのではないか。

多くのエスパルスサポーターが昨日の試合を「完敗」だったという所以もそこにあるような気がする。

健太監督が市川を先発で使わず、失点してから投入したのも「守備重視」ゆえのことだろう。

昨日の決勝で私が唯一残念だと――悔しいと思うところが、そこだ。

エスパルスのサッカーとは、1999年のリーグ制覇の頃のチームカラーを引き合いに出すまでもなく、両サイドを果敢に攻めあがって敵の守備を切り裂き、サイドからのクロスやサイドチェンジを多用して攻めるというもの。

堅守速攻」でもサイド攻撃エスパルスの命だったはずだ。

特に市川の攻め上がりは、天皇杯のFC福島戦でのデビューを日本平で見て以来、エスパルスのサッカーそのものと言っていいと私は思っている。

昨日の決勝戦に唯一残念な点があったとしたら、それは私にとって、市川が先発していなかったことに他ならない。

シャムスカ監督は右サイドの市川を想定した守備の練習も選手たちにさせていたという。もし市川が先発で出ても、結果は同じだったかもしれない。

だが、たとえそうでも、「これがエスパルスのサッカーだ!」と胸を張って言えるのは、市川のサイド攻撃でなかったか。

準々決勝のアントラーズ戦をはじめ、エスパルスも「堅守速攻」を揶揄されることは何度もあった。

そんな見方を払拭するためにも、決勝では、エスパルスのサッカーというものを見せつけて欲しかった。市川を先発で使って欲しかった。

もしエスパルスが勝利の女神に嫌われたのだとしたら、理由はそんなところにあったのではないか……

それが丸一日以上かけて私が見つけた答えである。

ばいざうぇい

上記「天皇杯のFC福島戦を日本平で見た」際、大榎克己氏にサインをもらい一緒に写真を撮ってもらって以来、母は大榎克己氏を「あのハンサムな人」と呼び、ことあるごとに「あのハンサムな人は今どうしているの?」と訊く。

昨日の試合の後も、「あのハンサムな人は今どうしているの?」と訊かれ、「ユースの監督をしている」と答えると、「健太監督はあの人より年上なの?」と訊くので、「同い年」と答えると、「じゃあ、早くあのハンサムな人が監督になったほうがいいよ」とのこと。

そう、母は「勝利の女神はイケメン好き=健太ではシャムスカに勝てない=大榎氏が監督になったほうがいい」という論理なのだ。

そして、この論理に私は……大いに賛同しています。↑で長々と書いた「答え」なんかよりも遥かに(爆)

|

« エスパルスのバスと遭遇! | トップページ | 松本も負け »

コメント

バックスタンドで見てました。
大分のかなり厳しいディフェンスにあって攻撃がことごとく潰されていた様に感じました。ああなると、そこから一工夫できないのかなぁ?

市川を先発でというのは大きなポイントですね。彼は1999年2ndステージ優勝も2002年W杯も経験している。決勝戦の場では、いままでの大舞台での経験が生きるかも知れない。

最近の数試合はとても好調だったエスパルスですが、それでも優勝するにはまだまだ足りないものがあった。これから、さらに一歩一歩強くなると信じます。

投稿: ねまきねこ | 2008年11月 3日 00時42分

蛇足ですが、帰りのバス(応援ツアーバス)の社内でみゆきさんの歌を聴いていたら、かなり心に染みてしまいました。(´;ω;`)ウウ・・・
そろそろ夜会11月公演分のチケットが発送のようですが・・・。

投稿: ねまきねこ | 2008年11月 3日 00時47分

ラジオでの岩下王子の発言、西澤選手のコメント、健太監督のコメントでも「若さが出た」という言葉が目立ちます。
総括すると、その言葉になるんでしょうね。
「優勝が掛かった大一番」の経験不足ということなのでしょうか。

投稿: ねまきねこ | 2008年11月 3日 09時20分

朝日新聞には、このところあまり出ていなかった高松をシャムスカ監督が「やはりチームの中心だから」と起用した、みたいなことが書いてありました。そういう選手が今のヤング・エスパルスにはいない、ってことなのかもしれません……
Time Upのあと、岩下が1人ゴール横でうずくまってて、(チームメイトは誰も来てくれずcoldsweats01)係員に促されて立ち上がるのを見て、「W杯のときの中田みたいだなー」と思ってしまいました。私的には岩下を将来のキャプテン候補と思っているので、これを糧に大きく成長して欲しいです。

投稿: くるみ | 2008年11月 3日 10時16分

くるみさん、当日はお会いできなかったですね。試合はなんとも悔しい結果でした。
大榎さんのことが書いてあるんで、少しばかり。
あの日、S席にいたのですが、上のほうで何かザワザワしてたので見あげたら、大榎さんが座ってたんです。
もちろんカッコよかったー。
サインもらってる人もいましたよ。
自由席に近いほうの上段席でした。

投稿: puni | 2008年11月 3日 11時23分

PUNIさん、こんにちは。そうですか、大榎さん来てましたか。シャムスカ監督に対抗できるイケメン日本人監督といったら、大榎さんしかいませんよねsign02

投稿: くるみ | 2008年11月 3日 12時02分

選手たちで「負け犬会」を開いて酒飲んで泣いたそうですね(´;ω;`)ウウ・・・
その悔しさが、きっと今後に繋がってくれると思います。

投稿: ねまきねこ | 2008年11月 3日 22時41分

あさってはもう天皇杯4回戦。きっと快勝してくれるとwe believe!

投稿: くるみ | 2008年11月 3日 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/42988738

この記事へのトラックバック一覧です: 堅守速攻:

« エスパルスのバスと遭遇! | トップページ | 松本も負け »