« 帝京は負けたそうで | トップページ | 清明 »

2007年4月 4日

完敗……

【ナビスコ杯第3節】

 エスパルス 0-2 Fマリノス

平松は……終わったのか?

|

« 帝京は負けたそうで | トップページ | 清明 »

コメント

初めまして!
伊東在住の観光業を営んでいるエスパサポの者です!よろしく!
今日はとにかく寒かった!伊東に住んでいるので、幸い三ツ沢に近く、日本平に行く感覚で行けて良かったのですが・・・・結果が結果だけに・・・・。
いろいろ言いたいことがありますが、一言で言うとこれでは予選突破は厳しいですよね~!
でも救いなのはグループ首位の大宮との直接対決がまだ2試合も残っているということだと思います!大宮とは勝ち点差6で、大宮に連勝すれば、大宮と勝ち点が並びますし、うまい感じで柏と横浜Mがもたついてくれれば・・・・
これは、客観的に見ても起こりうる可能性が高いと思います。だって実際、先日のJリーグでは大宮に勝っていますし、チーム力だってエスパルスのほうが上だと思います。まだあきらめるのは早すぎます!去年だって後半の追い上げがすごかったですしね!(結局進めなかったが・・・・・)
しかも好材料がもう一つ。予選リーグ2位でも勝ち点が多い2チームが決勝トーナメントに進出できるというルールだと思いますが(間違っていたらすみません)、他のグループAとDは、千葉と甲府が3連勝で勝ち点9で独走中です。AとDのグループの2位のチームの勝ち点を見ると両方とも勝ち点4とエスパルスと勝ち点3しか違いません。最初からこのルールを利用して2位狙いなんてあまりして欲しくありませんが、勝ち点差3は決して大きくないと思います。まずは、大宮を2試合制して行きましょう!要は3連勝ですね!まさに」「絶対に勝たなければならない3試合がそこにはある」ですね(笑)
長々と自論っぽいことを言ってすみませんでした。要はまだ可能性はあると思います。

まずは、前節浦和と引き分けた大分を叩いて勢いをつけましょう!
これからもこのブログを楽しく拝見させてもらいます。

平松は終わった模様です

投稿: エスパ伊東 | 2007年4月 5日 14時41分

エスパ伊東さん、こんにちは。どこかでお名前をお見かけしたような気が……。
ナビスコ杯、おっしゃるとおりまだまだ可能性はありますよね! あきらめることなく貪欲に勝利を目指してほしいです!

投稿: くるみ | 2007年4月 5日 21時52分

決してあの変態チックなエス○ー伊東とは、関係は一切ございません!笑
この名前はけっこう傑作だと自分で思っています。笑

そうですね。
引き続きこのブログを拝見させてください。
それでは日本平で共に闘いましょう。
「セントウ集団」


エスパ伊東

投稿: エスパ伊東 | 2007年4月 6日 00時01分

いえいえ、決してエス○ー伊東氏と間違えるようなことはありませんから!(笑)たぶんオレンジ村とかエスパサポのホームページorブログでお見かけしたお名前ではないかという意味ですよ。

こちらこそ、これからもよろしくです (^ ^) 。

投稿: くるみ | 2007年4月 6日 08時44分

そうですね。
すみませんでした。

確かにそうですよね。
こういう行為は暗黙の了解でタブーになっているかもしれませんね。
でも決して荒らしとかそういう気持ちはなかったです。エスパルスに対する気持ちはほんものです!
エスパルスという一つのチームを応援しているもの同士で争いや確執はいけないものだと思います。
不快であったらすみません。

たくさんの三ツ沢で一緒に闘ったサポやエスパルスサポーターに僕の意見を聞いて欲しいという気持ちだけで、このような行為をしてしまいました。
許してくれるのであれば、引き続きこのブログを拝見させてください。
それでは日本平で共に闘いましょう。
「セントウ集団」


エスパ伊東

投稿: エスパ伊東 | 2007年4月 6日 13時21分

不快だなんて、とんでもないです! このブログを通じてたくさんのエスパサポの方と出会えるのは、本当にありがたいし、うれしく思ってます。これからもどうぞご贔屓に!

投稿: くるみ | 2007年4月 6日 14時44分

ありがとうございます!
ちょっと他のブログでトラブルがあったもんで・・・・

これからもエスパルスと面白い記事、頼みまっせ~!

投稿: エスパ伊東 | 2007年4月 6日 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49657/14554584

この記事へのトラックバック一覧です: 完敗……:

« 帝京は負けたそうで | トップページ | 清明 »